球体の組子細工の伝統工芸。出雲大社の地より「神灯あんどん」と名づけ、新築祝いなどの贈答やライティング照明インテリアとしてお薦めします

多々納工房、出雲のあかり、神灯(かんなび)
多々納工房球体の組子、特許出願済み
球体の組子細工は多々納弘光が考案し、その卓越した技術によって完成された稀有な伝統工芸品。勘を頼りに一つ一つの木片を丁寧に球形に組み上げ、あんどんに仕上げた逸品。
灯かりを灯すと木の香りが漂ってくる。一戸建ての家にもマンション住まいの一室にも心休まる癒しの演出をしてくれるライティング照明インテリア。
贈答用として、新築祝い・長寿の祝いとして、お店のインテリアとしても最適。
この技法での球形の組子は他に例がなく、その高い技術性が希少価値として注目されている。

多々納弘光制作風景
多々納弘光制作風景
球形の組子細工を考案し、特許出願済み
照明装置も電気用品安全法適合検査合格済み
多々納弘光からのメッセージ
【球体の組子細工「神灯あんどん」の起こりは作業の失敗からだった。】

平成3年にお客様より注文を戴いた作品を失敗したことが始りで、(ヒント)を得たものです。「転んだら何かを握って起きる」それが今までに無い平面なものから球状を発見し完成したのが、「神灯あんどん」です。

それからは未だ見ぬ作品に思いを馳せ、夢で見た幻を昼夜を問わず、組んではばらしの、連続でどれだけの無駄とも思える時間を費やし、一言で、言い表すことの出来ない、苦労と、そして忍耐、神経を使い思うように出来ない作品に、苛立ち、を感じ一時は途方に、明け暮れ、工房に足が向かないことが多々ありました。
時が経ち、また思いを新に、試行錯誤の末3年がかりで、漸く原型となるものが、出来はしたものの、其れは、人前に出せるものではありません。この作品を創るには、先ず道具を作らねばならないのです。作品の無形なものにどうして、何に道具を合わせて創って良いのか、大変な苦労でした。(道具を買ってきて創るのとは、訳が違います。)

以前より、山陰の建具組合に加入しており、毎年各地で展覧会があり積極的に参加をしていました。お陰様で毎年何かの賞をいただくことができました。ちょうどその頃、組合の方より思い掛けない、朗報が入り私に、「卓越技能賞」を頂く事と成りました。其れからは何でもこの卓越技能賞に報いるためにも根気良く頑張らねばと、心に言い聞かせ、平成8年2月、ついに完成し商品化に漕ぎ着けることができました。

完成まで5年2ヶ月の歳月が過ぎ去り、その歳月の速さが私に走馬灯のごとき過ぎ去り日であり、また様々なことが私の職人としての誇りと、避けて通れぬ物創りへの執念と生き甲斐ではなかろうかと過ぎ去りし日を懐かしくも思い起こす、こんにち、この頃です。

特定商取引法に関する法律に基づく表示
多々納工房

島根県出雲市大社町修理免597-1
TEL0853-53-1733
FAX0853-53-1733
通販責任者 多々納弘光
支払方法:銀行振込
返品の可否:返品の場合は送料お客様持ち、不良品の場合着払いにて送っていただき、交換します。
納期:1週間以内
送料:送料込み(国内のみ)
組子制作風景
あうるネットFAXBOX番号1288この情報はFAXからでも取出せます。アクセス番号(0852)55-8600
FAXからダイヤルして
ガイダンスにしたがってこのBOX番号をプッシュしてください。
過去12回までの更新履歴 070417  070217  070123  070116
過去12回までの更新履歴 070417  070217  070123  070116
あうるネットホームページへ
あうるネットのFAX電子青空市場は
地球に優しいシステムです